新卒を採用する、ということが増加しています。それなりに景気がよくないとできないことではあったわけですが、今ではそれなりにしっかりとしています。しかし、応募者数が物凄い多いとさすがに問題があります。小さな会社であれば応募してくる人数がそもそも少ないので問題はないですが、多少なりとも大きな会社になればどうしても大量の人を管理、把握することになります。そこでお勧め出来るのが新卒採用支援システムです。様々なIT企業が提供しています。求人サイトなどから応募された学生の情報をそのままインポートできるようになっています。また、面接の予約、ブリーフィングセッションへの出席の有無などもよくわかります。面接の時の採点、筆記試験の情報など細かいことが登録できます。情報を数字化して、採用の合否に活用することもできるので便利といえます。

採用支援にも方向性が

採用をする、というのは短期の仕事でもない限りは、企業にとってはかなりリスクもあります。しかし、人材は必要ですし、少しでも業務拡大をしたいのであれば人材は必要不可欠になります。そこで重要になってくるのが採用支援システムになります。一元的に応募者の情報を管理して、効率的に採用活動を進めることです。それこそが今の企業に求められているシステムであるといえます。自社のシステムとして持っている必要性は必ずしもあるわけではないです。重要であるのは、ITシステムとして優秀であるのか、という点になります。クラウドシステムで他所からリソースを持ってくる、というのが今では主流になっています。また、ソーシャルメディアとの連動も求められています。特に新卒などではそうしたメディアを使っている人が多いので活用する意義はあります。

採用支援のサービスのコツ

採用支援というのは、色々とコツがあります。そうしたサービスがありますから、上手く活用するべきです。実は採用にもかなりのノウハウが必要になります。どんなシステムが必要であるのか、というのはよく知っておくべきです。具体的にはいいますとそれは採用フローを明確に把握できるようなシステムです。新卒採用もありますし、中途採用もあります。アルバイトのような非正規雇用もコンピュータシステムで採用の工程を把握しておいたほうがよいです。低コストで使えるシステムを導入することによって、少しでも効率化できるようにしたほうが会社のためになります。人材を登用する、採用をする、ということにも物凄くお金がかかっています。人件費もかかっているわけですから、効率性を重要するのは基本です。サービスとして提供されている採用支援のシステムは活用するべきといえます。

応募者の重複を確認できるので、不採用者を再度面接するといくことを防ぐことができ、面接者の手間を省くことができます。 選考情報と導入の結果がレポートで一目瞭然です。 合理的な採用を進めることができます。 採用の単価や各媒体の応募効果などを数値化することができますので採用クオリティが格段に高まります。 工数を大幅に減らせます。 他社からの切り替えを検討の会社様も一度問い合わせください。 採用支援の信頼の実績